2015年06月20日

准看護師から看護師へ

仙台整形外科病院では准看護師の方々もお仕事をしています。

准看護師で就職し、仕事をしながら勉強をして看護師免許を取得した仲間がいます。
これまで4名が国家試験に合格し、現在2名が勉強中です。

仙台整形外科病院の准看護師が勉強しているのは平成20年に開校した『東北福祉看護学校』看護師養成所2年課程(通信制)です。

准看護師免許取得後、准看護師として10年以上業務に従事していることが必要です。

仕事をしながらの勉強ですから、けして楽ではありません。
けれど、みんな最後まで頑張って国家試験に合格しています。

学校は2014年度まで東北福祉大学のキャンパスにありましたが、2015年4月から仙台駅東口の『東北福祉大学 仙台駅東口キャンパス』に移転しました。

准看護師免許をお持ちの方、仙台整形外科病院で働きながら看護師を目指してみませんか?

東北福祉看護学校では2016年度の入学案内募集要項を配布しています。
興味がある方は、学校に問い合わせてみてください。
posted by 仙台整形看護部 at 18:56| 募集

2015年06月19日

梅雨入りはいつになるのでしょう

今日は北陸地方が梅雨入りしました。
残るは、東北地方と梅雨がないと言われる北海道となりました。

私たちの仙台整形外科病院がある仙台は東北地方です。
今日は朝から曇っていて、夕方には雨になりました。
でも明日はまた晴れるという予報で、梅雨入り宣言は持ち越された模様です。

今年の梅雨入りはいつになるのでしょうね。
来週後半になると、もっとも遅い梅雨入り記録を更新するのだそうです。


九州では記録的な大雨が続いています。
雨は、やんでからも土砂崩れや川の氾濫などの大きな被害をもたらします。
日本は山が多い国ですから、土砂崩れや土石流の危険はあちこちに転がっています。

テレビやラジオ、携帯電話などの情報を収集して、危ないかも…と感じたら早めに安全な場所に避難しましょう。

posted by 仙台整形看護部 at 20:43| 宮城

1通の封筒

1通の封筒が届きました。
宛名は 『 仙台整形外科病院 「みどりのかぜ」編集事務局様 』
みどりのかぜとは月1回看護部が発行している患者さん向けのミニコミ誌です。

封筒の中にはみどりのかぜに寄せていただいた原稿が入っていました。
退院した患者さんが送ってくれました。
本当に本当に本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

このところ、発行が遅れたりお休みしたりのみどりのかぜなので、心苦しいばかりです。

でも原稿を送っていただきとても励みになりました。
今月号もがんばって発行しようと思います。
posted by 仙台整形看護部 at 20:28| 日記

2015年06月15日

一緒に働きませんか

仙台整形外科病院では看護師、准看護師を募集しています。
今年はとてもおめでたい年で、職員の赤ちゃんが多く生まれます。
ほとんどのママが1年間の育休を取得し、赤ちゃんとの時間をすごします。

私も母ですので、育休のありがたさを知っています。
できるだけそばにいたいですよね。

喜ばしいことなのですが、お休みの間はやはり人手不足に…。

そんなわけで、一緒に働ける方を募集しています。

病棟勤務は3交代です。
手術室勤務を希望する方は、月〜金の日勤です。
子供さんや家庭の都合で時間単位でしか働けない方は、相談の上都合のよい時間を決めましょう。

准看護師の方で働きながら通信制で看護師免許を取得することもできます。

仙台整形外科病院では、ハローワークとナースセンターで看護師、准看護師を募集しています。
直接の応募は不安だと思う方は、ハローワークやナースセンターで求人情報を確認してみてください。
もちろん直接お電話をいただいても構いません。

病院見学だけでも結構です。

今、働く場所を探している看護師、准看護師のみなさん、一度病院を見に来てください。

posted by 仙台整形看護部 at 20:39| 募集

2015年06月06日

麦秋

1ヶ月前、田植えが行われている水田はキラキラ輝いていました。
太陽の光を浴びすくすく育った苗で、6月の田んぼは緑のじゅうたんを敷き詰めたようです。

そんな中、金色に輝く場所が…。
麦畑です。
麦が実るころ、麦にとっての秋ということで、麦秋です。

6月になると思い出す言葉です。
麦の刈り入れが終わってしばらくすると、仙台にも梅雨がやってきます。
posted by 仙台整形看護部 at 19:03| 宮城

2015年06月03日

満月

今夜は満月。
でも夜になり雨が降り始めました。

そこで、昨日のお月様です。

P1060771.jpg

昨日は満月前日。十六夜の月でした。

携帯電話…スマホではなく文字通りの携帯電話です…で撮影したのでぼんやりしていますが、満月と言われれば、ああそうかと言いたくなるようなきれいなお月様でした。

お月様やお星様を見ていると、自分が宇宙に浮かんでいるみたいで、心がゆったりしてきます。

posted by 仙台整形看護部 at 21:01| 日記

2015年06月01日

今日から6月

今日は6月1日です。
5月は暑い月でした。
テレビからは連日30℃越えのニュースが流れていた気がします。
ここ仙台でも、なんと夏日が9日もありました。

この夏はどんな夏になるのでしょう。
いまからドキドキします。

さて5月30日、31日は秋田で東北六魂祭が開催されました。
震災の年、2011年に仙台で第1回目が開催され、
盛岡市、福島市、山形市と回を重ね、今年は秋田市での開催です。
来年は青森県での開催になるのでしょうか。

六魂祭のたびに震災を思い出します。
復興住宅の建設が少しずつ進み、『自宅』へ帰ることができた方々も増えてきました。

これからも、みんなで力を合わせて東北の未来を明るくしていきたいと思います。
posted by 仙台整形看護部 at 20:23| 宮城

2015年03月12日

実は…

前回のブログで『次回はクリスマス会の写真を…』と書いておきながら、年を越し、すでに3月です。
なんということでしょう。

画像 236.jpg


さあ、クリスマス会です。

サンタと一緒にじゃんけんとビンゴで楽しみました。

画像 017.jpg


画像 090.jpg


画像 106.jpg

2月に回復期リハビリテーション病棟が正式に開棟しました。
これからも楽しい催し物が開かれると思います。
posted by 仙台整形看護部 at 21:38| 日記

あれから4年

岩手、宮城、福島に住む誰もが思ったと思います。
東日本大震災から4年が過ぎました。
昨日はテレビでもたくさんの特集が組まれていました。
あの日の映像はいまだに衝撃的で、あの日あの時にフラッシュバックします。

大切なものもたくさん失いました。
それでも前に進むしかなく、私たちは4年を過ごしてきました。

大切な人を失った方たちはまだまだ苦しんでいます。
住んでいた家に戻れない方たちも…。

苦しんでいる方たち、悲しんでいる方たちは、少しでも心を癒してほしいと思います。

多少の余力がある私たちは、これからも震災の悲惨さを伝えていかなくてはいけません。
再び、同じ悲しみにくれることがないように。

昨日の帰り道、街灯の明るさがとても頼もしく思えました。
4年前、院内が少し落ち着いた夜に家に帰りました。
道路は真っ暗でした。
信号も点っていませんでした。
道路はでこぼこで、通行止めもあちこちにあり、すごく怖かったことを思い出します。

あの暗闇の夜から4年。
やらなければいけないことがたくさんあるような気がしています。

東日本大震災のあとも災害がありました。
被災者もそうでない人も、みんなが前を見て笑って生きていけるような世界であってほしいと思います。
小さいことでもいいから、そのためにできることをしていきましょう。

また1年、がんばっていきましょう。
posted by 仙台整形看護部 at 21:23| 宮城

2014年12月16日

回復期リハビリテーション病棟

仙台整形外科病院では『亜急性期病床』を運用してきましたが、2014年度の診療報酬改定により、9/30をもって閉鎖することになりました。

これまで亜急性期病床では、在宅復帰や社会復帰の支援を行ってきました。
その機能を継続させるため、第5病棟で『回復期リハビリテーション病棟』の開設準備を始めました。

今日は、その『回復期リハビリテーション準備病棟』でクリスマス会が行われました。

次回はクリスマス会の様子を写真入りでご紹介したいと思います。
posted by 仙台整形看護部 at 19:58| 病院紹介